法人カードに必要な「固定電話」

法人カードの審査に落ちたときに、原因を考えるかと思います。
経営状態が思わしくないから?
設立年数が短かったから?
借入が多すぎたから?
いろいろと予想をするかと思います。

法人カードの審査に落ちたときに、見落としがちな原因があります。
それが固定電話の有無です。
固定電話がないと、審査通過できない法人カードがあるのです。

クレジットカード会社が心配するのは、会員と音信不通になってしまうことです。
支払いがされなく督促状を送っても届かないとなると、貸し倒れになると考えられます。

また法人カードの場合は、信用できる企業にのみ発行したいものです。
法人カードを悪用されては大変ですので、連絡が付かなくなる可能性がある場合は審査に通ることができません。

そこで重要になるのが、固定電話なのです。
今は携帯電話のみで起業をすることもあります。
いつでも連絡がつくので、固定電話よりも利便性が高かったりしますよね。
しかし携帯電話しかないと、信頼度が低くなってしまいます。
簡単に連絡が取れなくなる可能性が高いですし、実体のない法人である可能性もあり、法人カードを発行するのは心配…となってしまうのです。
固定電話をひいてから、法人カードには申込をした方が良いでしょう。