法人カードには法人口座が必要

法人カードとは、事業主や経営者向けのクレジットカードです。
経費の管理がしやすくなるため、法人カードを導入する企業が増えているようです。

法人カードの支払は、指定口座からの自動引落となります。
そのため法人名義の口座が必要となります。
クレジットカードは通常、本人名義の口座でしか支払いができません。
法人カードも同様となりますので、法人カードの支払いを経営者個人の口座から行うということはできないのです。

設立して間もない法人だと、まだ法人口座を開設していないケースも多いです。
まずは法人口座を開設してから、法人カードに申込みをするようにしましょう。

ただ現在法人口座の開設は、すぐにできるとは行かないようです。
厳しい審査があり、断られてしまう場合も多いのだとか。
法人口座が犯罪に使われることが多くなり、金融機関は警戒を強めています。
簡単にどんな法人でも、開設できるという状況ではなくなっているのでしょう。
法人口座を開設するのが、法人カードを発行する第一歩と言えるかもしれません。

法人カードは個人事業主でも発行ができますが、この場合は法人口座でなくても大丈夫です。
事業主個人名義の口座でも、決済口座に使うことができるようになっています。

<参考サイト>
法人カード・ビジネスカードの特徴や選び方 | クレジッドカード